わかくさ

学校紹介 [わかくさ]

高等部 修学旅行に替わる活動

 今年は感染症対策のためベッドサイドでの学習が続き、病棟内での活動しかできていませんが、3年生4名は福島病院から特別に外出の許可が出て、修学旅行に替わる活動を行うことができました。

 うち3名は、久しぶりに病院を出て、スクールバスで須賀川市内を周遊してきました。市役所では少しだけバスを降り、久しぶりに太陽の光を浴び、風を感じて、ウルトラの父と一緒に写真を撮りました。昼食は福島病院の栄養課の方が3年生のために特別メニューを考えてくださり、友達や教師と一緒に楽しく会食しました。

 当日体調不良のため、一緒に出掛けられなかった生徒1名は別日に学習棟に登校し、トランポリンなどの活動を行いました。始めは久しぶりの学習棟にドキドキしていましたが、トランポリンに乗るとダイナミックに身体を動かし、大はしゃぎでした。

 

 

 

 

 

 

 

小学部6年 わかくさ学級 修学旅行に代わる学習

 9月16日(水)に小学部6年わかくさ学級の児童1名と教師2名、看護師さんにも部分的に同行していただき、修学旅行に代わる活動を行いました。

 感染症対策をしながら、外来者の少ない福島病院内を散策したり、院内の研修室で大好きなトランポリンをしたりしました。久しぶりのお出かけで、ちょっぴりドキドキしていたようですが、「ポンポンポン。」と教師の言葉掛けを聞きながらトランポリンでの揺れを繰り返し楽しみ、たくさんの笑顔が見られました。

おはなし会

11月22日(木)に、ラ・ポムの皆様による「おはなし会」が行われました。

    今年も、絵本や紙芝居・パネルシアターなど、いろいろな「おはなし」を聞かせていただき、絵本やおはなしの世界を味わいながら、耳を傾けたり、眼を輝かせたりする児童生徒の姿がたくさん見られました。

    交流ゲームでは、「こころはひとつに♡ ふわっとぽんゲーム」というゲームを一緒に行いました。シフォンスカーフの真ん中にかごを固定し、周りにボールやいちごのマスコットを置いて、布の端を持って、動かしてかごに入れるゲームです。学部対抗で行いましたが、ラ・ポムの方と力を合わせて布を動かし、ボールやいちごのマスコットを入れることができました。最後はどのチームも、ボールといちごのマスコットを全部かごの中に入れることができ、笑顔でゲームを終えることができました。

    最後に、高等部の生徒が制作したコースターを、御礼としてお渡ししました。

    ラ・ポムの皆様、とても素敵な時間をありがとうございました。

                                 

      

                

わかくさ 中学部校外学習(福島空港)

   9月19日(水)に福島空港に校外学習に行ってきました。

    まず、空港の展望台に行き、広い滑走路やヘリコプターの離陸等を見学しました。また、ウルトラマン像の前で記念撮影をしたり、ウルトラマンの原画展を見学したりしました。

    生徒たちは、一人一人様々な表情や反応を見せながら、楽しく参加することができました。

              

                               

わかくさ高等部1学年 校外学習(メガステージ須賀川)

9月12日(水)にメガステージ須賀川に買い物学習に行ってきました。今年3回目の校外学習だったのでバスに乗って出かけることに慣れ、行きのバスの中からうれしそうな笑い声が響いていました。メガステージ須賀川では全員でヨークベニマルへ行き、それぞれ好きなものを買ってくることができました。買ったものはイートインコーナーで食べました。3人とも一口食べるとニコニコで、あっという間に完食でした。

 

わかくさ 小学部校外学習(すかがわキッズパーク②)

7月9日(月)にすかがわキッズパークに行ってきました。

 

6月に引き続き、すかがわキッズパークへの校外学習は2回目ですが、今回は、学習棟に登校する児童4名が、全員揃って校外学習に参加することができました。

 

スクールバスでの移動中から、期待や緊張、少しの不安といった気持ちに胸をふくらませ、いつもと違う表情を見せる児童の姿が見られました。

 

到着後、スタッフの皆様の温かい笑顔と挨拶で迎えていただきました。

児童たちは、滑り台やボールプール、トランポリンなどで身体を動かして遊んだり、のんびり絵本を読んだりと、前回以上に各々の遊びを満喫することができたようです。

 

すかがわキッズパークのスタッフの皆様、大変お世話になりました。

機会があればまた利用させていただきたいと思っております。ありがとうございました。

 

わかくさ ふれあいコンサート

7月19日(木)に、わかくさ ふれあいコンサートが行われました。

今年も、石川フィルハーモニックさんが来校され、素敵な演奏をしてくださいました。

演奏曲も、アンコールを含め9曲準備してくださり、聞いたことのある曲が多く、耳を澄ませ、穏やかな表情で聞いている児童生徒たちの姿が見られました。また恒例の全員合奏では、「おもちゃのシンフォニー」の曲に合わせて、鈴やカスタネット、タンバリンなどの楽器を一緒に鳴らし、演奏する楽しさを味わうことができました。

 最後に楽しかったコンサートを開いてくださったお礼に、中学部グループで準備したプレゼント(紙すきはがき)を贈りました。

 ベッドサイドで学習している児童生徒も、録画した様子を病室で鑑賞し、コンサートの雰囲気を味わうことができました。

 石川フィルハーモニックのみなさん、本当にありがとうございました。

  

わかくさ 中学部校外学習(ムシテックワールド)

 6月20日(水)にムシテックワールドに校外学習に行ってきました。カブトムシやアオダイショウに触れたり、蚊の吸血の仕組みや拡大されたトノサマバッタの展示や動画などを見たりしてきました。施設内の最上階には、寝た姿勢で、虫たちの成長の様子を鑑賞できる「ごろりんシアター」があり、のんびりしながら画像や音響を楽しんできました。普段の学校生活では味わうことのできない貴重な体験ができました。

    

        

『わかくさ学級 第1回ICT交流』

 高等部わかくさ学級では、6月25日(月)に宮城県立山元支援学校あすなろ教室と秋田県立ゆり支援学校道川分教室の2校とICT交流を行いました。壁面いっぱいにスクリーンをはり、プロジェクターで大写しにしたため、画面の大きさにびっくりした生徒もいたようです。今回は自己紹介を中心に行い、一人一人元気に自己紹介を行いました。最後に『世界に一つだけの花』をみんなで歌って終了しました。本年度、高等部わかくさ学級のICT交流は11月と2月の2回残っています。行事の様子と1年間の反省をそれぞれ発表する予定です。