高等部

学校紹介 [高等部]

産業現場等における実習(校内、校外)

 11月24日(火)~12月4日(金)の9日間校内実習を行いました。また、校外実習は、11月16日(月)から12月11日(金)までの期間中、3日~9日の実習を行いました。実習で良くできたこと、課題としてあげられたことがそれぞれ明確になり、多くの学びを得る機会となりました。

校内実習

 校内実習では委託グループ、家庭グループ、清掃グループに分かれました。委託グループは菓子箱折りやタグつけ作業を行いました。各自、目標数が達成できるように頑張りとおしました。特に箱折り作業は、失敗も少なく、1290個の箱を折ることができました。家庭グループでは、刺し子とさをり織りを行いました。刺し子は波縫いで模様を作るため、細かい目で針を刺す間隔を統一して縫えるように集中力を切らさずに取り組むことができました。さをり織りは、糸を引く力の加減が均一になるように、糸の張り具合を確認しながらできました。清掃グループでは、特別教室やトイレのなど校舎内の清掃を行いました。清掃のマニュアルに沿って手順を確認しながら進めたり、教員からモップやダスタークロスの基本的な清掃技術を学んだりして、清掃のポイントを押さえながら集中して取り組むことができました。3グループとも前期と内容的には同じでしたが、自分で考えて作業したり、任された仕事を最後までやり抜いたりと大きな成長が見られました。

校外実習

 生徒達の居住地の近隣の事業所を中心に、企業や福祉サービス事業所で行いました。内容としては、工場内での仕事や農業、接客業務、調理業務、委託業務など、生徒の希望や力に合わせて実習先を決めました。慣れない環境での実習で緊張を強く感じた生徒もいましたが、それぞれがやり切ったという達成感を感じることができました。この実習で得られた達成感を自信に変えて、今後の自分の進路実現に向けて一歩ずつステップアップしていってほしいと思います。

 

 

学校・職場見学会

 9月15日(火)、17日(木)、24日(木)、30日(水)の4日間の日程で、高等部1・2年生の学校・職場見学会が実施されました。企業が「アルファ電子」、福祉サービスが「みどり工房(就労継続B型)」、「しんせい(就労継続B型)」、「ワークショップすかがわ(就労継続B型)」、「須賀川共労育成園(生活介護)」、「ワーキング花咲(就労継続B型)」、「わーくる矢吹(就労継続B型)」の計7か所を4グループに分かれて見学しました。自分の希望する進路先と関連する場所を見学することで、より卒業後の生活について具体的なイメージを持つことができました。実際の製品や製造工程の説明を受けて、自分も活動してみたいと感想を話す生徒も見られました。今後の実習や学校生活の中で、見学会で学んだことを生かしていくことができるように具体的な目標を立てて活動できるようにしていきたいです。

特別支援学校作業技能大会

8月5日(水)に、ビッグパレットふくしまで『第8回特別支援学校作業技能大会~夢に向かって テクノチャレンジ2020~』が行われました。今回は、コロナウイルス感染症の影響で規模を大幅に縮小し、高等部2・3年生の希望者のみの出場となりました。検定部門は、外部の専門家から客観的な評価を受けることを通して、生徒の社会参加・自立につながる学力や技能・意欲の向上を図り、自信をもって生きることができる生徒の育成を目指す取り組みです。

種目は、業務用のモップやダスターを使った「ビルクリーニング」、模擬喫茶店で接客を行う「喫茶接遇サービス」、アンケート内容をパソコンでデータ化する「パソコンデータ入力」、模擬店で品出しやパッケージングをする「店舗販売」の4部門があり、本校からは、パソコンデータ入力部門に1名、ビルクリーニング部門に3名が出場しました。

パソコンデータ入力部門では、練習時から緊張感のある雰囲気をつくり、入力した項目を確実にチェックすることを意識して大会に臨みました。あせることなく、落ち着いて着実な入力・チェックを行うことができました。

 ビルクリーニングでは、テーブル拭き・ダスターの各部門にエントリーしました。昨年度より上位の級の獲得に向けて、正しいスキルを身に付けるため、生徒同士で見本や映像を見合って動きの確認を繰り返し行い、切磋琢磨しながら練習に取り組みました。本番では、緊張感に包まれた雰囲気の中でしたが、大きな声での報告、力強く丁寧な清掃をすることができました。

出場生徒の多くが、目標にしていた級を獲得することができました。

《結果》

○「パソコンデータ入力部門」 3級1名

○「ビルクリーニング ダスター部門」 1級1名、6級1名

○「ビルクリーニング テーブル拭き部門」 1級1名

 

携帯安全教室

  5月31日(木)に高等部の携帯安全教室が行いました。

   e-ネットキャラバンの武田幸彦氏を講師に招き、SNS、スマートフォンを利用するにあたって「安心安全な使い方~7つの危険と回避するための3つのルール~」について指導していただきました。

   指導においては、視覚的な教材の活用や生徒たちで考える場面を設定していただけたことで、自分自身にも起こり得ることとして捉えながら学習に取り組むことができました。

 

 

 

テーブルマナー講習会


 713日(木)、本校中学部3年生と高等部3年生の計14名が、郡山市安積町にある日本調理技術専門学校へテーブルマナー講習会に行ってきました。もっとも大切なマナーは「食事は楽しく!」食べることと教えていただきました。コース料理が運ばれる中、緊張しながらも教えていただいたマナーを意識しながら、楽しく、おいしくいただくことができました。

 日本調理技術専門学校の御厚意と丁寧な御指導に感謝申しあげます。

 

高等部(校舎)修学旅行

 高等部3学年の修学旅行は517日(水)~19日(金)の日程で大阪方面に行ってきました。9名の生徒が全員参加することができました。
 1日目は新幹線で大阪まで移動し、インスタントラーメン発明記念館、海遊館を見学しました。2日目はUSJを満喫し、3日目はあべのハルカスで大阪の街を見下ろし、道頓堀を散策し、お好み焼き作りを体験しました。ホテルでの夕食バイキングも、和洋中の料理の数々、そしてさまざまなスイーツと大変満足できました。
 事前学習で計画したことを、現地では、生徒一人一人のペースで体験、学習できました。高等部生活の最大のイベントにふさわしい、充実の三日間となりました。








高等部1・2年「遠足」

5月19日(金)に1・2年生で猪苗代方面に遠足に行ってきました。
はじめに猪苗代湖遊覧船「はくちょう丸」に乗って、気持ち良い風を浴びて湖上遊覧の旅を楽しみました。
次に緑の村へ行き、カワセミ水族館で珍しい生き物を探したり、カワウソのお昼寝を見たりゆっくりとした時間を過ごしました。
最後に河京ラーメン館周辺で昼食タイムとなり、学級ごとに事前に下調べをしていたラーメンビュッフェや清作茶屋で食べました。
気温も上がり晴天に恵まれ、充実した1日を過ごすことができました。


福井東特別支援学校とのICTを活用しての交流について


福井東特別支援学校とのICTを活用しての交流

 

 今年度第2回のICTを活用しての交流が12月16日()に行われました。

本校から1・2年生の5名の生徒が参加しました。今回の交流では、本校から日本三大火祭りのひとつ「松明あかし」の紹介を行い、福井東特別支援学校からは、「福井県立恐竜博物館」からの中継が行われ、互いに迫力ある映像のやり取りができました。

 福井東の生徒からは、須賀川市の松明あかしの様子を見て、「制作の過程から見ることができ、完成した松明に登って、直接火をつける様子に驚いた」などの感想がありました

 また、本校生徒からも福井県立恐竜博物館の様子を見て、「恐竜の迫力を映像を通して感じることができ、ぜひ直接見てみたい」などの感想が挙げられました。

 当日福井県地方大雪となり、恐竜博物館からの中継が危ぶまれましたが、無事実施することができ、それぞれの地方の特色をより良い形で伝え合うことができました。

 


平成28年度特別支援学校スポーツ大会

平成28年度第15回特別支援学校スポーツ大会

  秋晴れの101日(土)に福島市あづま総合運動公園で第15回特別支援学校スポーツ大会がありました。本校高等部からは、サッカー、ボッチャ、フライングディスクに出場しました。各種目とも練習を重ね、それぞれ結果を残しました。

〈標      語〉     優秀賞  2年生  男子

〈ポスターデザイン〉   大賞 3年生男子  
                               優秀賞  3年生女子  2年生男子

〈各種目結果〉

 サッカー(8人制)   5位

 

 フライングディスク   個人各組 1位 2名 
                                    2位 1名 
                                    3位 1名
 

 ボッチャ        団体 Aチーム 2位  Bチーム3位

             個人OP 1位 3年生男子
  









福井東特別支援学校とのICT交流

 7月1日(金)に、他校の生徒と関わることで社会性を育てたり、他県について知ることで視野を広げたりすることを目的として、ICT交流を行いました。

 参加者は本校が高等部2-1、1-1で、福井東特別支援学校さんは1年生です。

 今回は、本校4名、福井東さんが2名と、ちょっと少数になってしまいましたが、お互いの地域の紹介やクイズをとおして楽しく交流をすることができました。

 

 次回は秋に行う予定です。