学校長より

ご あ い さ つ

 

「福島県立須賀川支援学校」ホームページをご覧いただきありがとうございます。

本校は、須賀川市の中心部に位置する芦田塚(あしだつか)に、昭和48年、県内初の病弱教育を主とする県立特別支援学校として開校(独立行政法人国立病院機構福島病院隣接)し、小学部、中学部、高等部(昭和57年開設)の三学部を設置、また分校として、医大校(福島市:昭和62年開校)並びに郡山校(郡山市:昭和53年開校)を設置しております。

本分校ともに、開校以来、長年にわたり保護者の皆様をはじめ地域の方や関係機関等の皆様のご理解とご支援を受け、日々の教育実践を積み上げて参りました。

今年度本校児童生徒数は、小学部16名(9C)、中学部16名(5C)、高等部57名(19C)、計89名(33C)でスタートいたしました。

学校の実情により本分校それぞれ年間を通じ、在籍者数に変動が生じますが、すべての児童生徒が、いきいきと学ぶことができる環境を整え、一人一人の児童生徒が心身ともに「健康」で、希望と「友愛」に満ち溢れ、家族や地域の方々の支えに「感謝」し、安全で安心な学校生活を送れるよう、教職員一丸となって取り組んでおります。

本県の教育施策「頑張る学校応援プラン:第6次福島県総合教育計画」において示される、特別支援教育の方向性に沿って、児童生徒たちの夢や希望を実現するため「学校経営・運営ビジョン~健康・友愛・感謝~(別紙)」を作成しました。

ふくしまの未来を創る子どもたちのために、「地域で共に学び、共に生きる教育」の基本理念の下、自立と社会参加に必要な、確かな学力と豊かな心の育成に努め、学校としての役割と責任を果たして参りたいと考えます。

このホームページには、日頃の児童生徒の活動の様子や教育活動の成果などを紹介しております。様々な角度から多くの視点でご覧いただき、須賀川支援学校を知っていただきたいと思っておりますので今後とも一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

 

校 長  佐藤 清悦