小学部

学校紹介 [小学部]

「運動会」

 小学部では、9月17日(木)に運動会を行いました。毎年、6月の土曜日に実施していましたが、新型コロナウイルス感染症対策のため、今年度は競技数を減らす等、規模を縮小して、授業の中で実施しました。参加者も校舎内学級の児童3名となりましたが、児童一人一人が元気にのびのびと運動会を楽しむことができました。

 個人競技では、フープを使って縄跳びをしたり、マットで前転をしたりなど、様々な障害物を乗り越え、ゴールを目指しました。親子競技では、お母さんとペアになり、慎重に風船を運びました。息の合った姿に歓声が沸き上がりました。また、はじめの言葉やプログラムめくりなど係の仕事にも進んで取り組み、大活躍の児童たちでした。

 ご家族の皆様には競技にご参加いただき、ありがとうございました。あたたかいご声援に児童たちは練習以上の力を発揮し、頑張ることができました。

  

 

 

 

 

進級おめでとう会

 4月17日(金)、小学部の進級おめでとう会が行われました。新型コロナウイルス感染症対策のため、今年度は校舎内学級の児童のみの参加となりました。

 校長先生から励ましの言葉をいただいた後、一人ずつ自己紹介を行いました。6年生は英語での発表、4年生は自己紹介カードを使っての発表と、それぞれが工夫して発表しました。「国語を頑張りたい」「家庭科が楽しみ」「毎日自分で教科書を揃えて持ってくる」など、学習や生活の目標なども発表しました。それぞれが新しい生活に期待感をもち、学習を頑張ろうという意欲が表れた発表となりました。

 自己紹介のあとは、神経衰弱ゲームを行いました。子どもたちに大人気の「鬼滅の刃」やディズニーなどのキャラクターを使った神経衰弱ゲームにみんな大喜び、集中してカードを引き合い、大変盛り上がりました。

 残念ながら今週から臨時休業に入ることとなってしまいましたが、またみんなで一緒に安心して楽しく学習することができるように、準備を進めていきたいと思います。

 進級おめでとう!1年間、目標を忘れずに頑張りましょう!

 

「豆まき会」

 「鬼は外~。」2月3日(月)、豆まき会を行いました。節分の話を聞いた後に、自分の心の中にいる「やっつけたい鬼」を一人ずつ発表しました。先生たちの「やっつけたい鬼」の話を聞き終わったその時、「ウォ~!」と大きな声と共に鬼の登場です。はじめ、子どもたちは、教室を逃げ回っていましたが、勇気を出して「鬼は外!」「鬼は外!」と豆をぶつけ、鬼を降参させました。仲良しになった鬼と一緒に、自分の「やっつけたい鬼」にも豆をまき、心の鬼を外に追い出しました。「福は内~。」みんなが1年間、健康に過ごせますように。

「お楽しみ会」

 12月13日(金)に、阿武隈小学校特別支援学級の皆さんと、「お楽しみ会」を行いました。今年度2回目の交流会でした。

 学級ごとに作成した飾りやクリスマスツリーを飾って会場を作成し、阿武隈小学校の皆さんを迎えました。

 交流会では、日頃の学習の成果を発表し合いました。校舎内学級とわかくさ学級は、秋桜祭の様子をVTRで発表しました。そして、見終わった後、阿武隈小学校の友達に〇✖クイズを出題しました。「その答えで本当にいいのですか?」など児童の名司会により、会場の雰囲気は盛り上がり、とても楽しいクイズ大会になりました。阿武隈小学校の皆さんは、クリスマスソングに合わせ、いろいろな楽器を使って演奏しました。元気な歌声と息の合った合奏は、とても素敵でした。

 その素敵な歌声に引き寄せられ、サンタクロースが登場しました。「今年がんばったこと」を一人一人発表しました。そして楽しみにしていたプレゼントをもらって、会を終えることができました。寒い中、元気に来校してくださった阿武隈小学校の皆さん、ありがとうございました。サンタさん、来年も待っています!

 

   

「エコキャップ運動」

小・中学部のリサイクル委員会、高等部の環境委員会では、月に一度、「エコキャップ運動」を行ってきました。

各家庭からキャップ回収に御協力頂き、規格外や汚れ等をチェックしながら仕分け作業を行ってきました。そして今回、196キログラムのキャップを「ふくしまキッズエコ運動事務局」の方にお渡しすることができました。約100人分のワクチンになります。

自分たちの活動が世界とつながり、世界のだれかとつながる喜びと今までの活動への達成感を感じることができました。

「みんなのところにワクチンが届きますように。これからも、エコキャップ運動に取り組みます。」と一人一人の思いも積んだ車を見送りました。

 

小学部 図書館へ行こう

 11月28日(木)、12月6日(金)に小学部の児童3名が校外学習で須賀川市民交流センター「tette」内の中央図書館へ行ってきました。
 図書館では、職員の方に図書館についての紹介や、「絵本の読み聞かせ」をしていただきました。図書館について積極的に質問をしたり、手作りのかわいい人形を使ったお話を身を乗り出して聞いたりすることができました。
 館内の散策では、「読んだことある。」「これ面白そう。」など様々な声が挙がりました。気になる本を手に取ってみたり、先生と一緒に探索機で検索したり、図書館の人に尋ねたりしながら、それぞれお気に入りの本を見つけて借りることができました。また、5階の円谷英二ミュージアムでは、ゴジラのフィギュアなどに興味津々で、様々な展示を楽しむことができました。

 校外学習を通して、本の楽しさ、面白さを改めて感じるとともに、公共施設の使い方を確認することができました。須賀川中央図書館のみなさん、お忙しい中読み聞かせや丁寧な案内をしていただきありがとうございました。

 

手話を楽しく学ぼう~須賀川市手話サークル「あゆみ会」の皆さんとの交流会

 11月20日(水)に、須賀川市手話出前講座を活用させていただき、須賀川市手話サークル「あゆみ会」のみなさんとの交流会を行いました。

 はじめに、自己紹介をしました。ちょっぴり緊張しましたが、3人の先生方の自己紹介を終えるころには、とても和やかな雰囲気になりました。自己紹介の中でも、好きな食べ物の「ラーメン」や、きらいなものの「おばけ」などの手話表現も教えていただき、児童はあゆみ会のみなさんの手話をお手本にして、興味をもって表現していました。

 交流会では、音楽で学習してきた「さんぽ」の曲に合わせ、手話の成果発表を行いました。「上手だね!」「すごいね!」と声をかけていただき、子どもたちは嬉しそうな表情を浮かべていました。次に「ボッチャ」ゲームをチーム対抗で行いました。ゲーム中も、「ざんねん!!」「上手」「赤チーム」など多くの手話を楽しく学ぶことができました。ボールの行方に一喜一憂しながら、ゲームは大いに盛り上がりました。

 会の最後には、お礼の気持ちを込めて手作りマグネットをお渡ししました。寒い中、来校してくださり、手話を教えてくださいました「あゆみ会」のみなさん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

小・中学部歯磨き教室

 10月10日木曜日に、県中保健福祉事務所健康福祉部健康増進課の根本亜希子先生を講師としてお招きし、小学部児童2名、小学部保護者1名、中学部生徒4名が参加して実施しました。

 はじめに、虫歯ができる仕組みや予防についてのお話を伺いました。プレゼンテーションソフトなどを使って分かりやすく説明していただきました。児童生徒は映像に注目しながら、先生のお話に真剣に耳を傾けていました。市販の飲み物に含まれる砂糖の量を、実物のステックシュガーを使って教えていただいた場面では、ステックシュガーの本数のあまりの多さに、一同驚きの声を挙げていました。

次に、実際に歯磨きの練習をしました。染め出し液を使って、汚れを落とせなかったところを見て分かるようにして、練習を行いました。歯ブラシの正しい動かし方、仕上げ磨きのコツ、汚れの部分や歯並びなどに合わせた選び方などを、一人一人丁寧に教えていただきました。ハロウィンパーティーのように色付いた歯を白くするために、それぞれ手鏡を見ながら真剣に汚れを落としていました。

和やかな雰囲気の中、日頃の生活を振り返りながら歯磨きの大切さを改めて実感することができました。学んだことを、今後の生活でも継続して取り組んでいけるよう努めていきたいと思います。

教えてくださった根本先生、ありがとうございました。

 

 

小学部 遠足 ~カルチャーパークに行こう~

 9月20日(金)に、郡山カルチャーパークのドリームランドに遠足に行きました。事前学習から児童は、「どの乗り物に乗ろうかな。」、「おやつは何を持っていこうかな。」など、とても楽しみにしていました。当日は、天候にも恵まれ、雨に降られることなく活動をすることができました。

 始めに、全員でミラーハウスに行きました。鏡の迷路に苦戦しながらゴールを目指して歩きました。先にゴールをした児童は、ゴールにたどり着かない友達がいると、「もう一回行ってくる。」と再度ミラーハウスに入って道案内をしてくれ、協力をしながらゴールにたどり着くことができました。

 その後はそれぞれのペースで、楽しみにしていた観覧車やパラトルーパー、ゴーカートなどを楽しみました。3回連続でジェットコースターに乗る児童もおり、十分に活動をすることができました。

 昼食後には、待ちに待ったおやつの交換会が開かれ、全員にお菓子を配ったり、お菓子のロシアンルーレットゲームをしたりとみんなで楽しむことができました。また、お菓子の交換をして楽しむだけでなく、お菓子の渡し方のマナーを知ったり、友達の好きなものを知ったりと相手を思いやる場面にもなり、良い経験となりました。

 一日を通して、友達や教師と楽しくやりとりをしたり、元気に乗り物に乗ったりと、思い出いっぱいの遠足となりました。

          

「小学部 校外学習」

7月9日(火)に、小学部校舎内学級の児童3名が校外学習に行ってきました。

須賀川駅から電車に乗って郡山駅へ出発です。郡山駅では、駅構内を駅員さんに御案内いただきました。

また、「電車は、何種類ありますか?」「新幹線の速度は、どれぐらいですか?」など多くの質問に対し、丁寧に教えていただきました。また、「何人ぐらいの人が働いていると思いますか」などのクイズコーナーでは、「ぼくは、80人だと思うな」「いや、100人だよ」など大いに盛り上りました。特に「駅は、電車に乗るだけの所ではなく、様々な施設があり、地域の方々の生活の場や交流の場でもある」というお話は、印象に残りました。

その後、お買い物をしました。欲しいものが多く、どれにしようかと迷ったり、予算をオーバーしないように計算したりしながら、好きな物を買うことができました。

昼食では、たくさん歩いたためか、いつもより箸の進みが速く、あっという間に食べ終わってしまいました。

充実感でいっぱいの校外学習となりました。