リーフレット
「きらり親子教室」
須賀川養護学校 きらり親子教室 がはじまりました。

きらり通信

きらり通信

「教育支援講演会」

 8月21日(水)に、福島県内全域から100名の参加をいただき、独立行政法人国立特別支援教育総合研究所 主任研究員 土屋忠之先生を講師として、「心の病気のある子どもへの教育的支援(Co-Ma-Me)について」御講演をいただきました。

 はじめに病弱・虚弱の子どもの教育の場や提供可能な教育機能についてのお話がありました。

 次に、心の病気のある子どもへの連続性のある多相的多階層支援(Co-Ma-Me)についてお話がありました。その後、アセスメントシートを使って、児童生徒の教育的ニーズについてチェックをしました。また、学校生活で実際に行っている取り組みを記入しながら、整理しました。最後にアセスメントシートの「心理」「社会性」など各6領域についてCo-Ma-Meの図を参考にしながら、それぞれの教育的ニーズについて、どのような支援・配慮があるのか把握しました。各個人ごとのシートを活用しながら、グループに分かれて情報の共有・協議をしました。

 当日参加いただきました先生方からは、「課題を把握し、Co-Ma-Meにて今まで行ってきた教育的支援や配慮について振り返り、裏付けできたことや今後の児童生徒への指導や授業作りにおいて、多くのヒントいただきました。」「小、中、高等学校、特別支援学校といろいろな校種の先生方と日ごろの授業について話し合いができ、とても良い機会となりました。」などの感想をいただきました。

 今後も特別支援学校のセンター的機能を発揮し、地域の先生方と共に目の前の子ども一人一人へ学校として何ができるのかを考えていきたいと思います。